ALPPS 授業録画・公開システム

ALPPS 授業録画・公開システム

授業の保存と展開が簡単に

ALPPSは Automatic Lecture video Program Production System By Cloud and Parallel Computing
の頭文字を取った、低コスト・簡単な操作で授業の動画を撮影できる自動授業番組制作システムです。
いつでも、どこでも、だれでも使用できます。

ALPPS 授業録画・公開システムの概要

大学教育テレビジョンシステムの概要図
  1. 録画はパソコン1台あればOKです。
    いつでも、どこでも、だれでも録画ができます。
  2. 録画が完了すると、オープニングとエンディングが自動で付与されます。
    管理者は動画を編集する必要はありません。
  3. 授業内容を公開することで教職員や在学生の双方に学力、授業の質が向上します。
授業録画
1

パソコン1台あれば録画OK!

クラウドサービスを用いており専用機材も不要なので、いつでも、どこでも使い慣れた端末で録画ができます。
録画にはSkype を、番組配信には YouTube を用いているのでだれでも簡単に使えます。
※ 講師の顔を映す場合はWEBカメラ等が必要です。

2

管理が簡単

録画した動画は自動でオープニングとエンディングが付与され、番組が作成されるので大変な編集作業は必要ありません。
管理者は番組をYouTubeにアップロードする操作を主に行うのみで、難しい管理作業は行いません。

管理者
在学生、教員
3

授業の質、学力の向上

授業動画をインターネット上に公開することにより反転授業、アクティブラーニングといった新しい教育の実現が可能です。
反転授業による事前・事後学習は学生の学力、教職員の授業の質も向上に繋がります。
また、過去の授業を振り返ることができるので、新学期での履修機会も拡大します。

特長

専用機材不要

録画は1台のパソコンがあれば録画可能です。
専用の機材は利用せず、使い慣れた端末で録画ができます。
※ 講師の顔を映す場合はWEBカメラが必要です。

管理が簡単

多数の教室で同時に録画が可能なので、教室の予約管理などが不要です。
専用機材の管理も不要です。

番組は自動作成

登録した授業情報が含まれたオープニングとエンディングが、収録した講義に自動で付与されます。

データ保存先はクラウド

作成された番組はクラウドに保存されるため、大容量ファイルの転送は不要、ローカルのリソースを圧迫することはありません。
編集のアウトソーシングも簡単です。

登録授業数は無制限

クラウドストレージは増設可能なので、登録授業数の制限はありません。
過去に収録した番組は保存し続けることが可能です。

同時視聴者数も無制限

クラウドを利用しているので、視聴数が増大してもシステムの性能が低下する心配はありません。

再生は最新デバイスにも対応

録画した番組はYouTube, もしくはAzure Media Servicesで再生が可能です。
普及した動画サービスを利用しているので最新デバイスにもすぐ対応できます。

他システムとの連携

ALPPSとの連携

大学教育テレビジョンシステム(E-TV)

大学教育テレビジョンシステムは、授業番組と教材ファイルを配信するWebサイトです。
ALPPSで収録した番組を大学教育テレビジョンシステムで配信することで動画の管理、視聴が容易になります。

スマートフォンやタブレット端末からの閲覧も可能なので、場所と時間の制限なく反転授業を行うことができます。

反転授業支援サービスとの連携

ALPPSで録画した動画を編集、字幕追加を委託するなど反転授業の支援を行います。
編集された動画と関連教材をまとめて大学教育テレビジョンに登録し、1画面に表示することが可能です。

動画編集では不要部分のカット、1回の講義を複数番組に分割、ダイジェスト版の作成などを、字幕登録では講師の音声を文字に起こし、YouTubeに字幕登録します。字幕は英語翻訳も可能です。

反転授業支援サービスとの連携

お問い合わせ

必須
必須
必須
必須
必須